自分のなりたい自分になれる学び【ゲーム制作が学べる専門学校】

教材

気軽に学べるダンス教室

女性

なぜ必修化されたのか

ダンスの授業が日本の中学校で必修化され、それに伴いダンススクールに通う子どもは増えています。 今まで、体育の時間でやっていたダンスというのはいわゆる「創作ダンス」というもので、何かテーマを決めて、それに合ったダンスを自分たちで作っていくというものでした。しかし、今回必修化されたダンスは「HIPHOPダンス」といわれるものです。 2012年、小中学校の学習指導要領が改訂され、その中の保健体育の選択科目であった「現代的なリズムのダンス」がその際に必修化され、現代の若者に人気のヒップホップダンスが取り上げられました。今までの創作ダンスとは違い、みんなで役割や立ち位置を分担して協力して創り上げていくことで「連帯感」「協調性」を育むのが文部科学省の狙いのようです。

ダンススクールの選び方

このダンス必修化に伴い、ダンススクールに通う子ども、先生方も増えてきています。楽しく上達できるダンススクールを選ぶにはどのような点に注意すればよいでしょうか。 まず、名称に「ダンススクール」という言葉がついているからという理由で安易にダンススクールを選んではいけません。ダンススクールにもいろいろなジャンルがあり、HIPHOPだけでなく、バレエ、ジャズダンス、社交ダンスなど様々です。このような点に注意して、自分のやりたいジャンルのダンススクールをまず探しましょう。 そして、何より大切なのは自分に合った雰囲気のダンススクールであるかという点です。自分が、まずダンスをマイペースに楽しみたいのか、それともがつがつした厳しい雰囲気で上達してい行きたいのか、そんな自分の希望に合ったスクールを選ぶのが長続きして続けることのできる秘訣です。